事業紹介

事業紹介

マテリアル先端リサーチインフラが目指す材料科学研究に基づくマテリアルデータの収集と情報科学による蓄積データの活用化は、情報理工学に強みをもつ電気通信大学の理念に沿った取組です。

電気通信大学は、本事業にて「マテリアルの高度循環のための技術」を領域としたスポーク機関としての産出と収集を推進します。

事業の紹介

ハブ機関である物質材料研究機構や関連機関と連携し、学内研究室や燃料電池イノベーション研究センター、量子科学研究センターによって、データの収集・蓄積・構造化・利活用システムの構築を行うと共に、情報基盤センターと人工知能先端研究センターによって、マテリアルデータを活用したAI駆動型データサイエンスへの展開と支援を行います。

また、産学官連携センターにより機器利用、技術代行、技術相談などの産業界による利用も促進していきます。